歯科で施術を受ける|インプラントなら医師に依頼!

診察台

金属を使用しない施術

治療

虫歯をドリルなどで治療した後は金属でできた特殊な被せ物をして蓋をします。蓋をしないとくぼみができてしまい、そこに歯垢が溜まって再び虫歯になってしまうでしょう。そのようなことなると二度手間になるので注意が必要です。金属アレルギーの人が金属の被せ物を使用してしまうと体が拒否反応を起こして体調を崩してしまいます。自分が金属アレルギーかわからないときは事故診断などを使用することでわかります。ピアスを使用することで赤く腫れてしまったり、金属の周りが白くなったりした場合は金属アレルギーの可能性が高いです。自分が金属アレルギーかわかったら金属の被せ物を拒否して、自分に合った種類を使用してもらうといいです。良い歯医者なら違う種類を見つけて使用してくれるでしょう。以前の治療で金属の被せ物をして金属アレルギーとわかったときでも、歯医者を利用することで治療してくれます。金属アレルギーの人のために開発された治療方法はたくさんあるのですが、その中でもセラミックを使用する方法があります。セラミックは金属ではないので金属アレルギーの症状が発症することはないので安心できます。費用は少し高めですが他の治療法に比べると安いです。歯医者を利用するときは問い合わせをして予約しなければなりません。歯医者の種類によっては予約を必要としないのですが念のため問い合わせをして予約をしていたほうが確実です。予約する前に金属アレルギーの人でも利用できるか確認しておくといいです。